HOMEイングリッシュプラスとはご挨拶

ご挨拶

代表者あいさつ

私たち日本人はなぜ6年間も英語を勉強するのに話せないのか!!

東大教育学部汐見助教授の教育フォーラムの中で、日本人の英語力の低さについて世界の言語学者が注目しているという報告がありました。なんだかウソのような話ですが、更に研究の結果として、この研究班は、日本人は間違うことを異常におそれるからであるという結論を出したそうで、汐見先生曰く、英語が話せるようになるためには、英語教育というよりむしろ「間違えることを恐れない」教育システムを確立していかなければならないということをおしゃっておられました。 コミュニケーションとしての「ことば」を習得するために克服すべきことが、実は言語以外の問題であるということがとても興味深かったことを覚えております。

イングリッシュプラスでは、子どもでも大人でも色々な国の人々と「コミュニケーションツールとしての英語」を堂々と話せるようになって頂きたいと思います。そのためには間違いを恐れず、失敗から学んでいくこと、教えてもらうのではなく主体的に学習すること、伝えたいことを論理的にことばでタイムリーに伝えること、互いを尊重し、ルールやマナーにのっとって話すことなど、英語の学習とは直接関係のないような部分(受験英語では決して学習しなかったこと)、心構えや、普段の母語でのコミュニケーションスキルをあげることも重要になってきます。イングリッシュプラスでは、これらのスキルアップも視野に入れ、言語指導プラス異文化教育の2本柱を軸に、カリキュラムが構成されています。

子どもの場合は、各年齢の発達段階に応じたきめ細やかなカリキュラムによりそれぞれの年齢で最も効果のあがる指導法を取り入れて、子どもにとって意味のある言語指導と異文化教育を行っています。
一般の方の場合も自分にあった方法をみつけ、目標にむかって主体的に学習することが求められます。間違いを恐れず、コミュニケーションをあきらめない。人それぞれ目的やゴールは違うのでしょうが、所詮ことばですから、頭の良し悪しは関係なく、誰でもできるようになります。楽して簡単に習得する方法がないだけです。
英語は生涯学習です。どこまでいっても終わりはありませんが、仕事、旅行に必要というだけでなく、温暖化など地球規模で考えなければいけない問題が大きく深刻になっている今、世界の人々が互いを知り、協力しあうためにも、国際共通語としての英語は今後より必要になってきますから、チャレンジする価値は大です。日本のよき文化を世界に知らせるためにも、一人でも多くの方が英語でコミュニケーションできる喜びを感じられるよう、全力でサポートしてゆく所存です。

[ENGLISH PLUS]代表 小林 紀彦、代表 川瀬 るり子

カレンダー

 

生徒からのメッセージ